レンタカーをガソリンスタンドで借りるメリット

レンタカーは、旅先での移動手段として便利なものですが、行っている業者にはいくつかの種類があります。ひとつは専業で行っているところで大手が多く日本全国に営業所を持っています。また自動車販売会社系やリース業を行っているところなどがあります。この中で格安で借りるという選択肢としてメリットがあるのが、ガソリンスタンドが行っているものです。こちらは専業というよりもスタンド経営との兼業になりますが、メリットとしてスタンド経営の人材をレンタルの対応にも充てることができるので人件費を節約することができるためより格安で提供してくれますし、返却時に満タンにして返却する必要がありますが、スタンドで扱っているのであれば、そのスタンドで行うことができるので、帰り際にスタンドを探す必要がありません。

ガソリンスタンドで借りるためには

スタンドでレンタカーを借りる場合には、まずは予約を行う必要があります。理由としてはスタンドに車がないためで事前に連絡することで、車を用意してくれます。手続きはスタンドで行うことになりますが、料金などの確認は事前の予約で行い当日は必要書類を持っていき契約内容の確認と貸渡証の作成などを行いスタッフからの説明を受けて料金を支払います。車の状態を確認した上で車を確認します。用意する書類は運転する人の免許証だけで良いケースもありますが、現住所が異なる場合にはその現住所を確認できる書類が必要です。返却もスタンドで行うことになり、ガソリンを満タンに給油してからカウンターでキーを返却します。その後、車両の確認と延長などがあった場合には料金の清算をして完了です。

借りたさいのレンタカーの注意点は

ガソリンスタンドでのレンタカーは主に格安チェーン店であることが多く、そのため格安店を利用するさいの注意点と同じです。格安チェーン店の場合には車両の走行距離が長いものが多く、一般的な料金を取るところと比べると自動車のコンディションが悪い場合があります。もちろん整備した上で貸し出されるので走行に問題はありませんが、走行距離が長いことや登録から時間が経っていることが多く故障のリスクがあることに留意しておく必要があります。また格安店ですので、他のお店で標準に付いてくるようなサービスが省かれていることも多く、それらをあとから追加で付けると料金が高くなる場合がありますし、返却時間をオーバーしたさいの料金もシビアに請求されるので時間に余裕をもって借りる必要があります。