レンタカーをガソリンスタンドで借りる時の注意点

自動車といえば、私たちの生活には欠かせないものですし、大切な移動手段の一つです。ですから免許を持っている人は、一台は所有しているというのが当たり前でした。しかし最近、特に若者の車離れがとても増えてきています。自動車免許の所持率は昔とそれほど変わっていないのですが、自動車の所有率に限定すれば若年層を限定してみると以前より確実に減少しています。これは元々車に興味が無いという理由と、維持費が高くてとても今の若者の朱乳では払いきれないというのも背景にあります。現在では車は必要な時だけ借りて乗るという付き合い方をする人が増えてきていて、結果レンタカー会社の数がここ10年ほどで右肩上がりに上昇してきています。そのため、熾烈な価格競争が繰り広げられるようになりました。

どうして激安で車を提供できるのかを考える

結果、車のレンタル料はどんどん安くなっており、中には半日3000円程度で車を借りることが出来る激安のレンタカーも登場しています。利用者からすればどんどん安くなることは大歓迎ですし、ついつい値段ばかりを見てしまいがちですが、値段だけで判断するのは大いに危険です。安いのには安いなりの理由があるので、その理由をしっかりと理解し、注意点を把握したうえで利用するようにしましょう。激安のレンタカーは、ガソリンスタンドや整備工場で借りることが出来ます。どうして安い値段で車を借りることが出来るのかというと、フランチャイズを活用しているからで、あくまでもメインの業務の副業的な意味合いで車を提供しています。そのため安一角で車を貸し出せるのです。ガソリンスタンドや整備工場で借りられる車は通常の店舗と歯違いかなり年季の入った車であることが多いです。

激安店で借りる時の注意点について

ガソリンスタンドなど激安店を利用する場合の注意点はいくつかありますが、年式の古い車がほとんどなので、長距離移動には適していません。乗車時の快適性の差もありますが、近年の車と年代物の車では特に燃費の差が顕著に表れます。激安店の車で長距離移動をするとガソリン代が余分にかかって総合的に見ると普通のお店で借りた方が安かったという事にもなりかねません。そもそもいくら整備していても走行距離10万キロを超える車ですから思わぬトラブルが発生する恐れもあります。そして激安店で借りる車には基本カーナビは付属していません。オプションで付けることはできますが、かなりの高額なうえに性能があまり良くないものが多く付けても役に立たないことが多いです。最近の携帯電話のカーナビはとても優秀なので、中途半端なカーナビを借りるよりもよっぽど役立ちます。